• HOME>
  • 会社案内 >
  • 沿革
  • 沿革

    HISTORY

    日本ミニチュアロープ株式会社は、昭和39年各種産業の発展のさなか、その需要の高まりに応えて、我が国で初めてステンレス鋼線の物性を巧みに応用した超極細ステンレス鋼ワイヤーロープの製造を開始しました。近年では、より小型化・精密化の傾向が著しい時代のなかで、お客様に一層ご満足いただける製品とサービスの提供に努めております。

    昭和39年(1964年) 産業界の小型化・精密化への趨勢に対応し、超極細ステンレス鋼ワイヤーロープの製造を日本において初めて開始し、主として情報機器・事務用機器・電気機器・医療機器等の分野に販売を開始。
    昭和40年(1965年) 漁業用ステンレスロープの製造販売を開始。
    昭和47年(1972年) 日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所(現NTT)の協力認定工場に指定される。
    東京都中央区に東京ミニチュアロープ株式会社を設立し、東日本地域の販売拡張の拠点とする。
    昭和49年(1974年) 株式会社日本ミニチュアロープ工業所を設立する。
    昭和50年(1975年) 事業拡張にともない技術研究所と配送センターを新設し、新商品の開発と流通機構の革新を図る。
    日本電信電話公社と共同にて特許2件を出願。
    昭和51年(1976年) 特許1件を出願。
    昭和53年(1978年) (会社名)株式会社日本ミニチュアロープ工業所を日本ミニチュアロープ株式会社と社名変更する。
    (会社名)東京ミニチュアロープ株式会社を日本ミニチュアロープ株式会社と社名変更する。
    昭和55年(1980年) 本社工場を増設し、コーティングライン並びに端末加工部を新設する。
    昭和57年(1982年) 東京都中央区所在の日本ミニチュアロープ株式会社(東京)を合併し、東京営業所とする。
    昭和59年(1984年) 名越工場の極細ステンレス鋼ワイヤーロープ製造ラインが竣工する。
    平成元年(1989年) 名越工場を増設し、配送センター、研究開発部門、品質管理部門を集結する。
    平成 3年(1991年) 王子工場新設。
    平成13年(2001年) 株式会社ニシヤの製綱部門を吸収合併する。本社を貝塚市二色産業団地内の現住所に移転。
    平成14年(2002年) 旧本社工場、名越工場、配送センター、研究所開発部門、品質管理部門を集結する。
    平成15年(2003年) ISO9001:2000認証取得。
    平成16年(2004年) 二色産業団地内二色南工場竣工。
    王子工場を二色南工場へ移設統合。